私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

どちらを望むのか?

忘れないために。。

 

 

逃げたくなる。

 

私だけ良ければいい、という思いが湧き上がる。

 

例えば

アニメ妄想の相手と

また妄想に走りたくなるような衝動に駆られる。

 

その時、

自分に浮かんだこと。

 

アニメの中の相手でも同じだ。

 

 

私はその兄弟という私に、

 

私とあなたは分離していて別々です。

 

と教えたいのか?

 

 

それとも

 

わたしとあなたは一つです。

 

と教えたいのか?

 

 

どちらを望むだろうか??

 

 

これが浮かんだ。

この道 - 夢から目覚める

 

この中でのり子さんからのメッセージの、

 

”確かに経験した「自他が離れていない」っていう奇跡の瞬間を

何度も何度も思い出していく道”

 

 

それしかもう自分に教えたくない

 

 

そう強く願うようになる道。

 

 

そうだった。

 

それしかもう、

自分に教えたくないんだ。

 

あなたとわたしは一つだ、と。

 

わたし自身に。

 

 

アニメ妄想の相手というわたしにも。

 

そうだ。

 

 

あなたから愛されたい

愛してくれよ、という思い

 

わたしに愛を与えさせる役割を演じさせるのをやめたい。

 

 

期待をやめる。

あきらめる。。

 

 

こないだ闇を感じていた時のこと。

 

それは愛と助けを求める声なんだよと響いてきて

聖霊の慈しみを感じて、

 

愛と助けを与える。

 

と浮かんだ。

 

 

助けてくれるのは聖霊だけど、

 

 

私の愛と助けと求める声に、

 

私自身に愛と助けを与えたい。

 

 

そうしたい。

 

 

そう願い、

決断できるのは

 

私だけだ。

 

 

帰り道リトリートの後から、

この一節が浮かんでずっと響いていた。

 

エリーさんのHPより

「人間関係は本来、私たちの愛する能力を広げるために使われるというテーマが、

私は好きです。

登場人物の全員が、古い役割やアイデンティティーから脱却する変わり目にいました。

彼らは「仮面」を取り去り、彼らの最も無防備な愛への呼び声を、

心を開いて表現することを学びました。

そして、彼らが足りないと知覚した愛を与えることの中にこそ、癒しがあることを発見したのです。」

(フランシス監督からのメッセージより抜粋)

 

 

足りないと知覚した愛を

与えることの、中にこそ。

 

 

泣き叫んでる自分自身に

愛と助けを与えることを、

 

赦すことを選んでいきたい。

 

 

今、わたしに

あなたと私は別々です、と教えたいだろうか?

 

それとも

あなたと私は一つです、と教えたいだろうか?

 

 

今、私自身にどちらを教えたいだろう?

 

 

どちらが幸せだろう?

 

 

今まで何度も聖霊が見せてくれたね。

 

思い出して。

 

 

今感じているのが、

闇なのか光なのか、ということよりも、

 

 

わたしはどちらを望むのか?

 

 

そう自分に問い続けることの方が

大切なんだと思う。

 

 

この決断に、

計り知れない力を感じる。

 

 

感じているのが闇ならば、

その本当の望みゆえに

 

私がすることは、

 

それを聖霊に溶かしてもらう、

消し去ってもらうべく、捧げていくだけなんだ。

 

 

あなたとわたしは一つ。

 

これだけをわたしに教えたい。

 

 

聖霊

どうかそのように私を導いてください。