私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

邪悪なものが外にいて欲しくて仕方ないことを認めます

聖霊の導きで

自分が感じてきたことや闇について打ち明けさせてもらう機会があった。

 

闇の思い、罪悪感を感じてますと打ち明けるも、その奥に攻撃的な思いがある。

また、感じたことや意志を打ち明けているだけで、攻撃するつもりはないのに、

どこか打ち負かしたいという思いがあった。

 

この動画を見た。

真我なるハート動画:

【コロナワクチンや陰謀の中に見える「罪悪/邪悪さ」から真に解放されるには?】

www.youtube.com

真我なるハートブログ

blog.goo.ne.jp

 

動画が始まった途端、爆笑してしまった!

 

コロナワクチンについては、私はそれほど投影が起きないと思い込んでいた。

 

いえ?私?コロナに罪を見てませんけど。

すっとぼけていた。

むしろコロナワクチンに罪を見ている人たちに邪悪さを見ていた。

しらばっくれていた。

 

え?私は邪悪さなんて知りませんけど?って。

 

コロナワクチン騒動とそれを話す人たちに焦点を当てることで、

自分も邪悪さを見ているということに気づかないふりをしていた。

 

コロナを盾にしていた。

 

相手がコロナじゃないところにだって、

私は思いっきり、

ダメダメな人、邪悪な人、ダメな人がいてくれて、

ダメな物があってくれて、すっごい喜んでいるじゃないか!

 

いてくれ、いてくれ!あってくれ。

いや、あなた絶対そうだよね。邪悪なんだよ。あなたは。

 

横浜ハー○ー、お前は美味しくないんだよ!まずいんだよ!邪悪なんだよ。

いるよね、お前!

あーいてくれて良かった。

 

私知ってるよ。

包装にくっつくいてむきにくい、

いかにお土産に適してないか(自論)を親に嬉々として語っている。

 

ほーれ見てみい!

 

興奮して見つけたと言って喜んでいる!

いかに邪悪なのかを分かってもらいたくて語るとき、嬉しくて喜んでいる。

 

 。。。。。

 

世界に頼み込んでいる。

どうか邪悪な奴いてくれ。

自分の中の触れたくなかった何かに触れてしまうから。

いてくれないと触れてしまう。

指をさせるところをずーっと探している。

非常にガクブルで罪ある何かを探したくて、探し出したくて、

悲痛な叫びの中、自分より邪悪な何か、ほんのちょっとでも良いから血眼になって探している。

14:02

それがあってくれることによって自分の心の焦点をずっと外側に釘付けにし続けることができる。

16:40

自分の心の中で見ないことにする、と決めたものを投影している。

これは見ないことにすると決めた邪悪な罪。

自分の中にあると思っている、邪悪な罪。

これは自分の中に見ないことにする、と決めた何かがあるので、

それが次の瞬間、第4分裂の中で邪悪な何者かにあてがわれている。

26:15

誰でもいい。家族だろうと、政府だろうと。誰でもいい。

なんでもいい。床のシミでもいい。

お前このやろー!って言える何かがいてくれないと、あってくれないと相当困る。

そのくらい血眼になって探している。

そういう邪悪な何者か、どうにもならない床のシミが消えてくれることが私にとっての救済方法なのではなくて、

自分の中にあると思っている邪悪さ、罪深さというものが、

そもそもそんな罪は犯していなかった。

そもそも私が邪悪な何者かになることは不可能だった。

自分の中に罪などなかったということを、教えてもらってそれを受け入れる以外に根本的な解決はない。

32:22

本当に根本的に間違っていたことを望む以前に、

自分がどれくらい罪深い何者かが

自分の心の外側にいてくれ!いてくれ!

欲して、欲して、欲していることを認識するステップが必要。

。。。。

 

邪悪なもの、いてくれ。

 

これを自分の中に認めていくことは、

コースを歩んでいますというできている風、赦せてる風を装ってきた私にとって、

真逆のことだから、避けたかった。

 

まさか全員、なんでもいい、邪悪なものであってくれ、と思っているとは。

 

でもはっきりとそれに気づいた時、賢太さんと同じように笑ってしまった。

うわーバレちまった、、と。

 

やってるわ、、。

 

。。。。

41:43

罪はある。罪はあり得るんだ。と言っている統合失調症患者状態。

裁かず、咎めず。

罪は存在しないんだ。ある、ある、あることにしたい。証明したい願望に気が付く。

 

49:42

自分の正しさを退けて、聖霊がおっしゃるままに従う。

自分の、知ってる、こうであるはずという考えと信念と一緒に聞くか。

聖霊と一緒に、いいえ、それは起こり得ません。

不可能です。あなたには罪はありません、という心と共に生きるか。

二つに一つ。

 

最終的にどっちに信を置いていくか。

 

。。。。

今は親だろうが、マイティーコンパニオンだろうが、

骨と皮だけの身体、高齢になって言うことを聞かなくなった体に邪悪さを見たい、

コースを歩む私とそれ以外の人だろうが、

なんでもいい。なんでも使って、

 

邪悪なものいてくれ!いてくれ!と血眼になって探している、

ということを素直に認めたい。

 

コースを歩み、内側への道、神への道を歩んでいる私は正しく、

それを理解できない家族、両親、

あなたたちは間違っていて邪悪だ!ダメダメだと思ってる。ばかにしてる。

そう思わせてくれって思ってる。

邪悪でダメダメでバカな人が外にいて欲しい。

 

それは自分の中にある見たくない罪を、外側にあてがいたいからなんだ。

ここはまだ、頭から言っている感じがする。

 

いてくれないと困ると思っているのか?

そこまではまだ分からない。

 

コース実践者としてできてない風に感じる。ダメダメに感じる。

 

動画の中で、

どうやって訂正を受け入れたらいいか、とのり子さんが言っていた時、

罪に魅力を感じているからと感じて、コースの罪悪の魅力p535を見てみた。

 

罪悪の魅力IV.i10

罪悪の魅力は、愛に対する恐れを生み出す。

 

恐れを感じるそれ以前に、罪悪に魅力を感じてるのか。

 

まったく分かりません。

だけど、私は知覚が狂っていて恐れを感じているのだから、

どうやら罪悪に魅力を感じているらしい。

 

まず一歩として、

邪悪なもの、悪者、だめだめな者を

自分以外の外側に見たくて見たくてしょうがないんだ、と認めます。

 

私や兄弟が

真に誰なのかを思いだしたいからです。

 

神は愛であり、

私は神の子であって、

信じてきた罪はなかったんだ、、

私は神と一つで愛されているんだ、ということを思いだしたいからです。

 

今、幸せでいていいんだ。

愛されていたい。

 

打ち明けさせてもらった兄弟、

動画中でシェアしてくれたけんたさん、

ネタばらしをしてくれたのり子さん、ありがとうございます。

 

 

想いを打ち明けていく

静岡撮影後、

賢太さんやれいさんに思っていたことや感じていたことを打ち明けるのに

ためらい、時間がかかってしまったけど、二人に打ち明けることができた。

 

二人には言わず、

のり子さんに向かって言ったからいい、とか

ブログに書いたからいいと思い込んでいた。

 

わざわざ、蒸し返していう必要ないよね?とか

何か理由をつけて避けようとしていた。

 

何かプツッと切れてしまった感じだったので、

耐えられなくなった。

 

あの旅を私だけ続けられなかったことを、

れいさんに投影し、怒っていた、ずるいとか悔しい、私だけ外れて悲しい

れいさんにだけ、癒しが起きてずるい、と思っていたと本人に直接話した。

 

れいさんも私が一人で抜けた後、

無価値感、闇が上がっていた話をしてくれた。

 

二人ともきっかけは違うけど、

上がってくる闇、もともと感じていることは同じだと感じる、とれいさんが教えてくれた。

 

ああ、確かにそうだな。

ありがとう。

 

それを教えてくれてありがとう。

 

個の私だけ、自分だけ特別、という思考に囚われていたけど、

一者の私の癒しの旅だった。

 

その旅が特別なわけじゃなく、

今も癒しの旅をしている。

 

兄弟に、想いを打ち明ける。

まさか、これを言うの?

 

聖霊に正しくチューニングできて、

その受け取った答えが間違っていないか、

チューニングを正しくする私でありたい、

 

正しくチューニングすること、

それを兄弟と競おうとする。

 

負けないように、

恥をかかないように、

無価値感を抱えています、感じています

それを感じているのに打ち明けることをすっ飛ばして、

 

きちんとできてます

やれてます、やりますという仮面をつけることに必死になっているけど、

 

先に感じている、そこを打ち明けるのか。

 

まさか、これを打ち明けるの?

え?チューニングした答えを言うことが目的じゃなくて?

 

まさか!と思っている

恥に思っている隠そうとしてきた、先に思っているその想いや感情、思考を

それをそのまま打ち明けるんだよ。

 

聖霊からそう促されているように感じる。

 

攻撃したり、自己弁護したり、

喜ばそうとして隠さずに。

 

素直に打ち明けなさい。

 

兄弟という私自身、

神に思いを打ち明ける。

 

確かに、隠すことしかしてない。

言いたくない。

やってこなかった。

 

喜ばそうとしない

秘密を持たない

 

これをやっていくのか。

  

正直に兄弟に打ち明けると

自分が正しい!正しい!と言い張っていることに気づき、

それが不幸の元だったと分かり、

 

正しくなくていい、幸せでいる方がいい。

言い張るのをあきらめて、手放せるようになり、

 

すると

ああ、兄弟のそのインスピレーション、確かにそうだな、、そうかもしれない。

と素直に受け入れられたりして

 

今まで真っ暗闇にいて全く視界0だったけど、

あれ?と突然遠くまで周りが見渡せるようになる。

周りが見えるようになる。

 

全体である方が、幸せだな。と

 

幸せでいたい。正しくあるよりも。

そう自分を赦したいと思えるようになる。

 

聖霊に導かれながら打ち明けていくことで、感じている。

 

神に自分自身に

素直になりたい。

 

正直でありたいんだ。

 

自分を裏切りたくない。

 

神は愛であり、

私は神の子で、神の愛なんだ。

 

それを完全に思い出したいから。

 

それ以外、すべて忘れます。

 

忘れたいので聖霊に従っていきたい。

 

聖霊だけは忘れないようにしたい。

 

ありがとうございます。

 

 

あなたは愛です

退院して戻ってきた男性のKさんが、

1週間も経たないうちにレベルがあっという間に落ち、

いつ呼吸停止してもおかしくない状態になった。

 

逝くことはKさんが決断した、と感じた。

 

朝食の配膳をしている時、

彼が誰なのか教えて欲しいと祈っていたからなのか、

 

あなたは愛です

と感じた。

 

すぐ心を閉じてしまったけど、

Kさんだけではなく、

私を含め、その場にいた全員に言われているように感じた。

 

昨日はそのユニット勤務で、Kさんをこまめに訪室し見にいく。

 

2日前まで「おーー!おーー!」と繰り返し大声を出し続けていたが

何も食べられなくなり、目を閉じ声をかけても返事はなく、

下顎が落ち、口呼吸がだんだん浅くなっていく。

 

彼が誰なのか教えて欲しい。

 

最期が近くなって、ようやく祈ろうとする自分が嫌だ。

 

元気な時はしない。

自分が忙しい、大変だ、ばかり。

いつも遅い。

 

向かいの居室にいた時、

フロアーの職員さん3人が、Kさんのベッド脇に立って笑って話していた。

 

もともとKさんの写真が貼ってあったけど、

追加で何やらKさんの居室の壁に貼ったらしく、

それを見てみんな笑っていた。微笑んでいた。

 

その様子を見て、

私はあんな風には笑えない。

みんなKさんのことを想って、思い出話をしている。

あんなふうに、なれないよ。

どうせ私には無理。

どうしてあんな風に、愛を持って見れるんだ?

 

そんな思考があがり、

無価値感、孤独感、悲しみを感じていた。

 

私のシフトからいって、

Kさんに会えるのは、おそらく今日が最期だろう。

 

疲れていた身体だったけど、

居室に入った。

 

例の職員3人が見ていた壁を見た。

 

1ヶ月前の元気に笑っているKさんの大きな写真数枚や、

最近の写真、本人は書けないので、

職員がKさんの手をとり、筆を一緒に持って書いた書道が貼られていた。

 

それを見た瞬間、

愛を感じて、涙が止まらなくなった。

 

同時に、

そのKさんの手をとって一緒に書いてあげた職員が居室に入ってきた。

 

実は、

その女性の職員のことを私は苦手だと感じている。

 

はっきりした物言いだから怖い、嫌だな、

きっとこの人は私のことを嫌っているに違いない。

すぐミスばかりしたり、気が利かないし、よく動けない私を馬鹿にしているに違いない。

怒られる。

そう思っていた。

 

嬉しそうに、

これいいでしょ?

たった1ヶ月前の写真なんだよ。と言った。

 

みんなの優しさを感じるよ、、と泣きながら彼女に打ち明けた。

本当に感じていたから。

 

その人が用意したのだろう。

坂本九だかのCDが流れていた。

 

1人じゃないよ〜

と歌詞が流れてくる。

 

Kさんの最期を、みんなで笑顔で暖かく、感謝で送り出そうとしている

職員さんたちの愛を感じて、泣けて仕方なかった。

 

もう少ししたら息子さん来てくれるから、がんばれ〜

と声をかけていた。

 

Kさん、待っているのかな。

 

あなたは愛です

Kさんをそう見たいと思っていたけど、

 

肉体を脱ごうとしているKさんが私に、

あなたは愛です

そう教えてくれていたんだ。

 

彼女を見誤っている私に、

あなたは愛ですと。

 

あなたが誰なのか教えて欲しいって思ったけど、

それは私に向かって言っていたんだ。

 

愛であるKさんという私から教えてもらっていた。

 

彼女は、私なんだ。

 

あなたは愛なんだよ、と。

 

Kさん、ありがとう。

 

 

Kさんの息子さん、娘さん、最後に間に合うように早く来ないかな

という思考が浮かんだ。

 

これが生物学上の親だったら、きっとそう思うのだろう。

 

やっぱり、それが常識だと思っている。

 

時々、急病になった時に面倒が見れなかったり、

死に目に会えないかもしれない、と親に話すことがあったけど、

 

本当にその立場に立った時、どうだろうか?

 

たとえ親の死に目に会えなかったとしても、

神の目的のために、聖霊に使われることを望む。

 

私は、

あなたは肉体ではないんだよ。

あなたは愛で一つなんだよ、と教えられたいから。

 

数日前に

ライラの動画を勉強会で見た時、

すでにKさんの最期が近かったので、ライラのように見たいと思った。

 

すべてが良きことのために

聖霊のために

全体の目覚めのために、使われることを望みます。

 

他のメンバーのシェアの方が大きく、

きっと私のシェアや感じたことなど、

勉強会では話題にもならないだろう、と無視されるだろう、と卑屈になって

無価値感や、悲しみや怒りも上がった。

 

何者かになりたかった。

 

その欲望を手放し、捧げます。

 

あなたは愛です。

 

これが真実だと受け入れたいからです。

 

ありがとうございます。

 

 

最近感じること

この世界に

私も誰もいないのかもしれない。

 

順子も投影されていると言われたが、

そのことなのか?

 

朝、寝不足で起きた時。

仕事で103歳のおばあちゃんを一対一でお風呂に入れている時。

仕事でバタバタしている時。

駅で人がごった返しているのを見た時。

 

本当は、この世界に誰もいないのかもしれない。

 

ここ数日、そう感じる時がある。

 

聖霊、これが何なのか教えてください!

 

私は一体何なのですか?

 

これは何なのか、教えて欲しい!

 

私はすぐ忘れて、覚えていられないので、

どうか忘れられないように教えてください。

 

 

なぜだろう

何かをネットで探すファンクションをしている時、

全部自分の思い通りにしたいとか、

早く片付けて、終わらせて楽になりたい、

手を離したいという動機でやっている。

 

それに気づかず突っ走り、

でもこれ、言わなくてそのままでいいよね。。とか

逆に、言わずに黙っておけば誰かがやるからいいだろう、と躊躇して終わることが多い。

 

それも違うと思いながら、UPする。

 

何やってんだろう、、と思いながらリビングへ行くと、

母が冷凍だけどナポリタンを解凍して用意してくれていた。

 

それをみた瞬間、

ありがとう!と上から降ってきた。

 

お疲れ様、用意しといたよ、という感じだった。

 

思わず母にありがとう!と言ったけど、

どこから、この、ありがとう、が来たのだろう?

 

UPした瞬間、

手放すためだったんだなと思った。

 

あきらめる。結果はもういいや。

そんな感じがして広がりを感じた。

 

ファンクションであっても

中毒のように没頭して探し始め、歯止めが効かなくなる。

 

形じゃなくて

何と一緒に見るか、だけなのか。

 

聖霊と見るか。

 

だけど99.99999......%、いや100%自我と同一化して探していてだめに決まってるのに、

何で「ありがとう」と言われるのだろう?

分からない。

 

それでも使っていただきたいと意欲があったのだろうか?私に。

 

ダメダメな自分でも使ってもらえる、ということを

静岡の撮影の旅で、れいさんや賢太さんは感じたようだったが、

私はそこまで感じられなかった。

 

まだ劣等感と、犠牲者感覚がある。

 

けど

こういうことなのか、、とふと感じた。

 

情けないし、

自己嫌悪と恥と殺意しか感じない。

 

それでも聖霊は私に、

ありがとう、と言ってくれているのか。。

 

それを感じたので、

全然言いたくないけど

ふと自分自身にそれを言ってあげようと思った。

 

Davidが胸の前で腕をクロスして、

うんうんとうなづきながら、

一なる子の私を抱きしめていた姿が浮かんだ。


自分を励まし、敬意を持って、慈しんで、

ありがとうって。


ありがとう。

 

 

静岡撮影⑥愛されている

7/11youtube生配信ご視聴ありがとうございました。

 

最後に、もしかしたら聖霊

これを言わせたかったのに言えなかったと感じていたところ、

 

多分内容は被っていると思うけど

のり子さんに促されて話すことになったことを残したいと思いました。

 

そう言われて初めて

これを口に出して、話すことを避けていたのかもしれない、と思ったから。

 

 

この静岡撮影の旅で

宿でのエクスプレスセッションの時に、

 

賢太さんから自分に感じたことを聞きたいと言われたので、

エクスプレスすることができた。

 

それまで感じていたことを

本人に聞きたいと言われた上に、本当に本人に言ってもいいの?

 

そこまで

正直になるために用意していただいているなんて、

正直になる以外にない。

 

こんなことを張本人に言いたくないし、

黙っていればいいと思っていた。

 

だけどその張本人が、聞きたいと言ってくれている。

 

目を見て言えなかったけど、

 

頼りにしていたはずの賢太さんが頼りにならなくて

損させられている。怒りを感じている。弱々しく感じていて、潰したいような思いもある。

 

そう打ち明けた。

 

あまり覚えていないけど

多分、その後、お互い目を見て、と言われて賢太さんの目を見た。

 

そこに私がいた。

 

やっぱり、、

 

ありがとう!嬉しい。

ほっとしたような、緊張の糸がほぐれたような感じがしてきた。

 

旅の始まる前に、賢太さんが私に、

私と繋がりたくない、と正直に打ち明けてくれた時に感じたのと同じように。

 

一つに繋がっていた。

 

大雨の中、

それを感じていた。

 

その機会を与えていただいた。

 

与えていただくほどに、私は愛されている。

 

それを感じた旅でした。

 

ありがとうございます。

 

 

愛されているのを感じた。

 

それを口にした時、

ありがとう

と内側から光が溢れた感じがした。

 

 

そう口に出して打ち明けた勉強会後、

自己嫌悪や

私にはそんな資格はない、存在を消してほしいという思いが溢れかえった。

 

私は愛に値しない。

値するわけがない。

場違いなことを言ってしまった。

 

勉強会で

あのブラザーサンシスタームーンの映画を見た時に感じたこと

 

聖フランチェスコを使って

神は誰一人除外せずに、今完全に愛している

夢見ていても愛を与えられている

 

これを感じられたことが私にとって支えになっている。

 

これ以外ないと感じたじゃないか。

神のご意志。

 

そうだったな。

 

それ以外を感じているならば、

私が何か間違っているに違いない。

 

もう一度

神を信頼し、委ねよう。

 

間違っていたい。

 

 

愛であることを拒んでいるのは、

誰でもなく自分しかいない。

 

闇にしても愛にしても、

とにかく黙ってろって自分に言っている。

 

自分の首をぎゅーっとしめて、

お前!余計なこと言うんじゃないよ!

愛なんてどの口が語ってるんだ。って

自分で自分の口を思いっきり封じているのを感じる。

 

そのくせ、心の中では言わせろ!とおしゃべりばかりで

聖霊に耳を澄ませない。

 

でもあの勉強会の最後に言わせてもらう前、

 

裏切りたくないんだよ!って感じていた。

 

もう裏切りたくない。

この奥から感じている何かを。

本当の私を。

 

そんなふうに感じていた。

 

あの台湾料理屋でのエクスプレスの時に

インスピレーションか分からないが、そう思ったんだ、と言えなかった時も。

 

本当の私であることを否定し、裏切ってきた。

 

 

どの瞬間も、あの一つの瞬間なのだろうか?

 

だとしたら私は何者なのだろうか?

 

知りたい。

 

感じたことや思ったことを口に出していくのは怖いけど、

やっていきたい。

 

 

【真我なるハートYou Tube生配信のお知らせ】

【真我なるハート】奇跡講座/ACIM/奇跡のコース勉強会グループの

無料YouTubeライブ配信します。(無料でご視聴いただけます)

 

日時:2021年7月11日(日)19:30〜 

 
YouTubeライブ配信をするチャンネル

【真我なるハート】https://www.youtube.com/user/norikoheart

 

・視聴参加方法
ライブ配信時間に【真我なるハート】チャンネルを開けば生配信動画をチェックできます。

・見逃さないためには
チャンネル登録をした上で、ベルマーク🔔をクリックして
「このチャンネルからの通知を受け取る」設定にしておくと、ライブ配信や新規動画のお知らせ通知を受け取ることができます。

・チャンネル登録

https://www.youtube.com/channel/UC-qXnzO5SvR9HNptyarLXFg