私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

11/22勉強会で感じたこと

11/22 真我なるハート勉強会youtube Live配信 

ご視聴ありがとうございました。

 

賢太さんがシェアしていた

Daivdが

恐れから指一本動かすようなことはしない

について話している動画はこちら。

 

Living Miracles Japan奇跡講座

Living Miracles Japan 奇跡講座 - YouTube

youtube動画より

神秘主義と奇跡【デイヴィッド・ホフマイスター】奇跡講座/奇跡のコース/ACIM

www.youtube.com

9:34〜

たとえば、仕事についてはどうでしょう?

 

人が仕事をするのは、生き延びていくためです

 

身体が生存するためです

 

またそれは自分を身体と同一視しているからです

 

でもその心の静けさの中ではあなたが身体ではないという

瞬間的な気づきがあります。

 

その瞬間的な気づきによって

これまでのような古い考え方はもうしないだろう

 

自分がしそうなことを恐れによって動機付けさせることなど

二度とないだろうと思うのです

 

カリール・ジブランのように

愛をもって働く時私は喜びに満ちていたい。。

 

何をするにしても結果を恐れることなくしようと思うのです

 

それが間違いなく

私を幸せに導いてくれるという信頼のもとに

 

私は10年の大学生活を経たある時点でできるはずがないのに

あらゆる人たちを喜ばせようとしていました

 

みんなを喜ばせることなどできないのです

 

あなたは自分自身をあなたのハイヤーセルフを喜ばせなければならないのです

つまり、聖霊やキリストを。。

 

そこに私が至った時

一見私の人生と見えていたものの地球上での全ての軌道が変化したのです

 

なぜなら私はインスパイアされたからです

そのようなスピリットの中にいたからです

 

私は恐れを感じる岐路に立つたびに一呼吸おいて


11:03

私は恐れを動機に指一本動かすようなことはしない

もうそのように生きなくて良いのだ。。

それは真の生き方ではないのだ。。と言います

 

そして人生は少しずつ小刻みに進んでいくように見えてきます

 

なぜならエゴにとって消えてしまうことや

存在しなくなることは恐ろしいことだからです

 

ですから奇跡が私たちの道であり

私たちには奇跡が与えられているのです

 

これらの閃きに満ちた知覚が栄光を見せてくれます

栄光への可能性を見せてくれます

 

。。。。

 

ここ1ヶ月、

仕事を辞めるのかな?とちょっと疑問に思ったところから始まり、

 

それを感じると

エクスパンション、広がりと喜びを感じて

ああこれは、聖霊の導きなんだと感じられた。

 

そこから、奇跡と思えるほど

辞めることへ流れに流されていくように整われていった。

 

まるでJesusが他動画で

目的を同じにするなら

何から何まで整えます。と言っている、まさにその通りに。

 

今、

聖霊が導かれるままに導かれたいと思うようになっている。

 

そのほうがずっと幸せなんだ!

 

今までは

まずお金の心配があって、

お金のために働かなきゃ、、といって仕事をしてきた。

 

生きていかなければならない、とか

なんとかしなければならない、という恐れから。。

 

このタイミングでこの動画が目に入り、

 

もうそういう恐れから生きたくない!

聖霊に従っていけば、そう生きることができるのかもしれない。。!

 

そんな生き方したことなかった!

 

こんな生き方があるんだ!

 

聖霊を喜ばせるために、とDavidが言ってるけれど

本当にそのように生きてみたい!

 

聖霊を喜ばせるように生きたいんだ!

 

そう思うようになった。

 

 

本当に今の仕事を辞めるなんてありえなかったけれど、

聖霊を感じ従ってみたら、

いのちを感じて、、

 

ああ、もう以前のような生き方はしたくない!

 

まずお金のため、という仕事の仕方に

まったく魅力を感じなくなってしまった。

 

逆転した。

 

聖霊に運ばれるままに運ばれていく、

幸せを感じたい!

 

聖霊の目的で生きたい!

 

「愛をもって働く時私は喜びに満ちていたい。。」

 

そう在りたいんだ。

 

 

次の仕事も何となく

前にやったことのある介護について考え始めた。

 

これがガイダンスかは分からなかった。

 

2年前に離婚してこちらへ戻ってきた時、

介護だけは避けたかったので、職場を工場にした。

 

10年以上前に、

まったくやりたいとは思わなかった介護をやり始めた。

 

福祉、介護系など

絶対私にはそぐわない。無理だろう。。

 

そう信じていたけれども

何か、苦しくて自分を変えたいとか

愛で在りたい、やってみたいと思ったのだと思う。

 

しかし自分でそう決断して

お世話したいと思ってやり始めたのに、

 

怒りや憎悪、殺意がだんだん溢れてきて、

 

自分の体がきついのも重なり、

真っ黒な感情で一色になってしまった。

 

愛になろうとしていた。

それ以前に真っ黒だったから。

 

そうしたかった。

でもできなかった。。と無価値感と罪悪感、恥を感じる場所で、

 

現場に絶対近づきたくなかった。

 

考えたくなかった。

 

しかし辞めることになった。

隠れていたかったのに、という思いも上がった。

 

でもあの聖霊の導き、光、エクスパンションを感じ、

その流れに乗っていたい!という思いの方が強かった。

 

まったく自分のプランではなかったけれども。

 

しかし

次を探さなくては。

 

嫌な感情が上がってくる。

 

焦りや抵抗。

 

現場の職員さん達とも合わせる顔がない、、

恥ずかしいと思っていて、

できるだけ顔を見知っていた人がいないようなところを探そうとする。

 

隠れたい。

 

隠れていたい。

 

恥だから。

 

罪が明らかになるところには、触れたくない。

暗闇に隠れていたい。。

 

ところが、

聖霊が見てくれているからだろうか、、

 

愛を持って見たい!

問題集のテキストを開いてみたら、

ああこうやって愛を持って回答していけばよかったのか、、と分かったり、

 

テキストは体に関する記述が多いけれども、

身体としてお手伝いはするけれども、

 

愛としてひとつとして見たいんだ。

あなたを、愛を持って。

 

そんな感じが聖霊から伝わってくる。

 

そうすると、

私にとって

過去やらかしたと信じている罪悪感と恥、無価値感を見ていくことになる

重く暗い現場のはずなのに、

 

ああ、、こうやって愛を持って聖霊に見てもらいたい!

 

聖霊の愛から

この体をその場にいる利用者さんのために是非とも使っていただきたい、、!という思いが

ジワーーーと広がっていった。

 

一緒に働く職員さん達とも、

愛を持ってみる共に働く仲間なんだ、と思えてくる。

 

聖霊の愛を持って見たい、一緒にやりたい。

 

あり得ない。。。

そう思えることができる、感じることができるんだ!

 

聖霊に見てもらって、

聖霊がなさっていただくなら!

 

ありがたい。嬉しい。幸せだ!このままなら!

 

もう一度、

罪を犯したと信じている罪悪感に触れて、

 

そこで聖霊から正しい見方、

愛を持った見方で是非とも見て欲しい!

 

あまりにも私は見誤ってきたから。

 

そう思うようになった。

 

 

昨日の勉強会でそのことを話したら、

話している側から、

 

聖霊から

ありがとう。。!という幸せで愛が溢れてきた。

 

もうすでに、

そこにいて、聖霊から愛を与えてくれていて、

聖霊が愛を持って見てくれているのが伝わってきた。。

 

カースティン、フランシスリトリートでのカメラファンクションの時もそうだったけど、

ファンクションをやる前に、

 

先にああそういうことなんだ、、と

聖霊の愛と感謝を感じてしまうことがあるな、と思った。

 

のり子さんからすべて同時におこっているからだと言われ、

今すでに感じているのか、と教えてもらった。

 

すでに終わっているのか。

 

ありがたい。。

 

今こうして書いていて、泣く。

 

ファンクション中に佳苗さんの言動をきっかけにして怒りが湧いたことを

エクスプレスした。

 

結局、それは神に対しての怒りだった。

 

あなたがこのような私にした!

奪うだけ奪いやがって!と。

 

自分が分離を決断したことは無視している。

 

見たくない。

 

怒りが増幅してしまったように感じた。

そして罪悪感。

 

悲しい。

 

全体のために与えたいと言っておきながら、

意志しながら、

 

分離を長引かせるような、

怒りの正当化しまくりだった。

 

でもこうして、

今すべてが同時におこっている。ということを思い出させてもらい、

 

介護、ということにしたくて、

これから何か取り組んでいくんだ!と信じているけど、

 

実は

避けたいと思っている真我なるハートのメンバーや

ファンクションに対する抵抗や怒りも、

 

神に従いたくない!という思いにも、

 

もうすでに和解が起きていて

終わっているんだろうか、、。

 

すでに贖罪が終わっている、といわれるけど、

こういうことなのか?

 

 

これから聖霊から導かれた仕事に、

聖霊から見てもらい、なさしめてもらいたい!

 

仕事にはそう思えている。

 

だけど

ファンクションは意志しているけど避けたい、

そこで関わることによって出てくる感情は見たくないと思っている。

 

避けたくなる。

 

本当は

お金を得る仕事だけのことではなく

ファンクションやあらゆることを、

 

聖霊に委ねていく意欲を差し出していきたい。

 

ファンクションさせていただいて、ありがたい。

癒しや愛を感じて号泣したりする。

 

 

しかし、、、。

 

そうしたいと確かに望んで、

ファンクションに意志したはずなのに、、

 

聖霊や神に、

まったく委ねる気なんかないわ。。!

冗談じゃない!という思いばかりが浮上してくる。

 

激しい怒り、憎悪、殺意、無価値感、罪悪感。

恐れ。

 

正当化。

兄弟に投影しまくり。

 

自分が正しい!と言い張りたい。

 

昨日の勉強会がLive配信されると聞いて、

緊張したり、自由に発言できないという怒りも感じた。

 

本当に聖霊に尋ねるということをしたくない。

 

どのように聖霊が与えたいかなんて、

まったく聞くスペースを保てなかった。

 

全体に与えたいと思って意志したはずなのに、

 

字幕入れファンクションをやっている時の、

怒りについて蒸し返し始め、

 

もういい!宇宙もろとも爆破してやる、みたいな怒りが溢れてくる。

 

Jesusが間違えたんじゃないだろうか。

 

私がいない日にすれば、良かったと思う。と言って、

正当化と責任転嫁が止まらない。

 

 

だけれども、

昨日の勉強会で、

 

聖霊の愛と感謝を持って見ていただく見方を、

確かに奇跡を感じた。

 

だから、奇跡を選びたい。

 

ファンクションでコラボレーション、コミュニケーションをして

上がってくる感情は上がってくるけれども、

 

兄弟やファンクションに正当化するのをやめていきたい。

 

怒りに同一化したい。

 

ものすごい誘惑に駆られる。。

 

それでも、

一歩一歩。

 

そして聖霊がこうやって

私が信じてきた過去の思考を使って導いてくれているように、

 

見せてくれたように、

 

今この瞬間にある

奇跡を選びたいんだ!

 

奇跡を望む!

 

愛を望む!

 

 今。

 

Davidがこの動画で言っているように、

 

介護という現場でもどこでも、色々感情は上がると思うけれど、

私にはやっぱり奇跡が必要なんだ。

 

奇跡が絶対必要だ。。!

 

聖霊が与えてくれているんだ。

 

与えてほしい!

 

私が、暗闇を進んでいけるように。

 

 

昨日の勉強会でもそうであったように、

 

闇ばかりではとても前を向けないし、

聖霊に導かれたいなんて思えない。

 

神を信じて

聖霊を信じて大丈夫なんだ!

 

神を裏切ったと信じているけれども、

 

自分の決断を死ぬほど思い出したくないし、

見たくない感情が溢れるけれども、、

 

聖霊や神を

それだけを求める!

 

それだけが私の幸せなんだ!

 

そう信じている自分自身を

もう一度信じていけるように。

 

 

聖霊どうか奇跡を与えてください。

 

私が道を見誤らないように。

 

聖霊どうかあなたが見てください。

 

私は誤りしか見れない。

 

誤りを信じていることを、どうか知らしめてください。

 

あなたに助けを求めることができるように。

 

 

昨日の勉強会で、失敗したと信じています。

  

ですがもう一度、

あなたに耳を傾ける意欲を差し出します。

 

今日のレッスン106

私が静まって、真理に耳を傾けられますように。

 

 

ブログをどうやって書いたらいいか分からなくなっていた。

 

これでいいのか

続けていいのかも分からない。

 

どうしたらいいか分からない。

 

でも今は、

ありがたいと感じる。

 

 

ありがとうございます。