私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうか聖霊あなたに打ち明けさせてください。

兄弟と一緒に聖霊からのサインをたくさん受けとっていた

兄弟の奇跡に比べると、小さくて大したことない、と思ってしまう。

大したことない、こんなこと言って申し訳ないし、

今闇だらけなのに、そんなの載せる資格ないと思う。

 

だけど、今の決断のために

先月末近くにあったことと感じたことを思い出せる分だけ、思い出したい。

 

先月10月中旬、仕事を辞める感覚があって、

そこに向かっていく途中、たくさん聖霊からサインがあった。

 

飛び立つ。

世界から出ていく。

 

安定、安心していたくて、

変化、変わっていくことを恐れている。

 

そんな時、

飛び立つんだ!という聖霊からたくさんメッセージがあった。

 

 

兄弟のおかげさまだ。

 

仕事を辞めるかどうか迷っている時、

 

マトリックスのモーフィアスから携帯電話で指示を受けて、

高層ビルの窓の外をつたっていこうとするシーン、

 

モーフィアスの大ジャンプが浮かんだ。

 

何の保証もないけど、

信頼して飛ぶんだ!と。

 

直子さんと見る感じがして声をかけて、

一緒にマトリックスを見たりした。

 

また、

アナと雪の女王👩❄️

アナ雪2❄️👩もおすすめされて、見てみた。

 

とても良かった。

Into the unknownという歌がずっと響いていた。

 

オラフ⛄️というキャラ。

 

春に訪問介護で訪問していた男性の手に、

家族が拘縮予防のために握らせていた人形が「オラフ」だった。

 

聖霊だったんだ、オラフ。。

 

オラフ知らないのーー?ってあの時、奥さんに驚かれたけど、

知らない、と答えたまんまだった。

 

聖霊と一緒なんだよって教えてくれたんだ。

 

その男性のそばにいる、一緒にいてくれる、聖霊

 

憎めなくて深刻じゃない。

コミカルで、いつもそばにいるオラフ⛄️🥕

 

映画見ないの?って奥さんに質問されたけど、

今思うと、それは聖霊からだったかもしれない。

 

介護施設の104歳のおばあちゃんのベッドの上のクッションも

今思うとアナ雪だった。

 

 

退職届を書いている時、

マトリックスのネオがエージェントに取調室みたいなところに捕まり、

中指立てて言いなりにならないぞ、と言っているシーンが浮かぶ。

 

この世界から、退職を申し出る。

 

そんな思いで書いた。

 

そして、何度も浮かぶんだのが、

直子さんがこっちに来る時なのか、帰る時なのか、飛行機から富士山を見下ろしている感覚。

 

そして広がりと、喜び、自由を感じていた。

 

直子さんが、こっちから帰る時、

飛行機から見た富士山の写真を送ってくれた。

 

f:id:mokumokuchang:20211113170324j:plain

 

直ちゃんが体験した奇跡を聞きながら、ありがたかった。

聖霊の目線。

 

嬉しかった。

それが見たかったし、すでに見させてもらって感じさせてもらっていた。

 

宇宙、世界のすべてを後にする。

飛び立つ。

 

世界の外から眺めている聖霊

どのように見ているか教えてほしい。

 

飛び立ちたい!

 

 

それと、

教えてもらっているのに、携帯とか通信のプランを替えること一つでさえ、

今までずっと契約していたところから替えることに躊躇していた。

 

変化していくことに、腰が重たい。

 

自分でちゃんと調べないと、と思ってた。

 

ふと別の用事があるので、モールに行こうとしていたら、

父が「100均でこれ買ってきて」と言ってきた。

 

椅子の足に履かせる靴下みたいなやつ。

f:id:mokumokuchang:20211113170743j:plain

 

3Fだからね、と念を押され、それを買いに行く。

 

すると、その靴下の真横に、こんなメッセージのあるクッションがあった。

 

f:id:mokumokuchang:20211113170229j:plain

 

びっくり。

聖霊からのメッセージだなあ。

 

それを買い終わると、

ふと、ここに携帯の会社があるフロアーだったと気づき、近くを通ってみた。

 

 

あれ?ある。

で、店の人に話をちょっと聞くつもりが、

だーーーーっと勢いであっという間に契約終了した。

 

自分でよーし、調べよう!と調べてから、決めなかった。

いつもだったらよく調べてから、、なのに、

 

ここにたどり着くまでのメッセージといい、

流れにただ流されていて、疑う間もない感じ。

 

今の自分にとっては手間がかからず、

お得なプランでありがたかった。

 

そのメッセージが強烈だなあ、と思って

教えてくれた兄弟と、すごいね。と笑いながら話した。

 

すべての人に最適なワンプラン、、とか(笑)

 

広告の色だとか、

広告の文字だの何だの、、すべてが、

 

聖霊の宇宙の外からの、

富士山を上から眺めている目線からのメッセージに感じた。

 

すごいなあ。。

 

ものすごい勢いで、

上ーーの方から、ビューーーーーーン!って、引き上げられていく。

 

マトリックスでエレベーターの縄を切って、

バンジージャンプされてるみたい。

 

上に。

 

ぎゃーーーーって言ってる間に、引っ張られてるー上にー!

 

訳わかんない。だけどいいや!

そのまま上に引き上げられて大丈夫なんだ。

 

ずっと辞めるまで、そんな感じだったし、

目の前ですごい勢いでどんどん展開していった。

 

 

職場に渡す、退職の挨拶のお菓子は、

鳩サブレー”にした。

 

別に意識して選んだわけではなく、

ここってこれしかないし、くらいにしか思ってなかった。

 

白い鳩

f:id:mokumokuchang:20211113170257j:plain

 

この世界から、飛び立つ!神の子。

 

そう教えられた時、

 

ああ、そうか!

全然気づかなかった。

 

家に帰ると、なぜか母も鳩サブレーを買ってきていて、びっくりした。

 

f:id:mokumokuchang:20211113170803j:plain

鳩が集まってくる。。

 

鳩🕊

 

鳩といえば、

 

10月中旬、れいさんの家に行った時、

一本道のような公園を歩いていると、鳩と雀がたくさん水浴びしていた。

 

その様子を見て、

とても可愛らしく見えたなあ。。

f:id:mokumokuchang:20211113170842j:plain

スズメは飛んでいった後だった。

白い鳩🕊

 

鳥を愛でる、というと、、

後でれいさんのイエスの像を割ってしまった後に気づいたのだけど、

 

クパチーノのSt.Josephの彼も、小鳥を愛して可愛がってたのがふと浮かんだ。

聖霊の慈しむ目なんだな。。

こうやって私たちを見てるのか。。

 

f:id:mokumokuchang:20211113174130p:plain

 

私には、あの長い公園を真っ直ぐ歩いているとき、

6月の静岡撮影旅で近くを通った「神の道」を歩ませてくれているように感じていた。

 

不安や詰まりがあって、

広がりや嬉しさとか、、あまり感じなかったけど、

 

今、聖霊を信じて歩んでいる、

それで間違いないんだ、、いいんだ、と思わせてくれているように感じた。

 

f:id:mokumokuchang:20211113170922j:plain

f:id:mokumokuchang:20211113174159j:plain

10月中旬、れいさんの家の近くの公園にて。

 

最後の職場の出勤日。

今まで一度もそんなことなかったのに、電車が止まって動かなかった。

遅刻してバスで一駅行くことになった。

 

バスが大きな川を越えていく時、

大きな鳥が一羽、

ずっと空高くバスと一緒に飛び続けていたのを、窓からずっと眺めていた。

 

一緒に。

 

ああ、飛んでいこう。

 

聖霊に導かれて、今、橋を越えていく。

 

そう感じた。

 

 

不安あるけど、ありがたいな。

 

フリーガイみたい。

 

f:id:mokumokuchang:20211113190713j:plain

 

・・・・・・・・・・・・

こんなにたくさんサインがあっての、今。

 

何か変わったり、変えたりするためではなくて、

自分が今何を信じて感じているか、

 

期待してたことに正直になって、

惨めさを隠すのをやめて、開いて認めていって、

 

間違っていたいと聖霊に助けを求めて、やめていくのか、

そのまま自分が正しいと言い張り続けて苦しみ続けるのか。

 

どっちにするか?

 

どうしたいのか。

 

兄弟や世界にあると思っていた罪が、なかったことを受け入れたいか?と聞かれると

癒されることが嫌で、負けで恐ろしく感じる。

 

でもそれをするかしないか、

私一人の決断次第なんだと認めざるを得なくなってきた。

 

癒しを受け入れたい。

 

こうやって改めて振り返ると、

直子さんやれいさん、兄弟のみんながいてくれて、

どれだけ支えられているか分からない。

 

これまでも一人で歩むなんて、絶対無理だった。

 

色々疑いや、憎悪、怒りに無価値感が大噴出してくる。

 

昨日まで助け合っていた相手のせいにしまくっているし、してきたし、

これから何度も疑うし、

全部ひっくり返したくなって相手のせいにしたくなるくらいの、

恥と惨めさや虚しさ、悲しさ、無価値感を感じる。

 

どん底に突き落とされるような感覚があるけど、

 

本当に目覚めたい、

本気で癒されたい、と一緒に決断してくれる兄弟がいてくれるからこそ、

 

どうやら本当に私一人の心の決断だけに、責任があるらしい、

そこまで行きつくことができる。

 

ありがたい。

一人では絶対無理だ。

 

そのような兄弟がなぜかそばにいてくれる、ということがありがたい。

奇跡でしかない。

あり得ないから。

 

ありがとう。

 

兄弟と共に、歩ませていただいて

ありがとうございます。

 

f:id:mokumokuchang:20211113175414j:plain