私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

なぜだろう

何かをネットで探すファンクションをしている時、

全部自分の思い通りにしたいとか、

早く片付けて、終わらせて楽になりたい、

手を離したいという動機でやっている。

 

それに気づかず突っ走り、

でもこれ、言わなくてそのままでいいよね。。とか

逆に、言わずに黙っておけば誰かがやるからいいだろう、と躊躇して終わることが多い。

 

それも違うと思いながら、UPする。

 

何やってんだろう、、と思いながらリビングへ行くと、

母が冷凍だけどナポリタンを解凍して用意してくれていた。

 

それをみた瞬間、

ありがとう!と上から降ってきた。

 

お疲れ様、用意しといたよ、という感じだった。

 

思わず母にありがとう!と言ったけど、

どこから、この、ありがとう、が来たのだろう?

 

UPした瞬間、

手放すためだったんだなと思った。

 

あきらめる。結果はもういいや。

そんな感じがして広がりを感じた。

 

ファンクションであっても

中毒のように没頭して探し始め、歯止めが効かなくなる。

 

形じゃなくて

何と一緒に見るか、だけなのか。

 

聖霊と見るか。

 

だけど99.99999......%、いや100%自我と同一化して探していてだめに決まってるのに、

何で「ありがとう」と言われるのだろう?

分からない。

 

それでも使っていただきたいと意欲があったのだろうか?私に。

 

ダメダメな自分でも使ってもらえる、ということを

静岡の撮影の旅で、れいさんや賢太さんは感じたようだったが、

私はそこまで感じられなかった。

 

まだ劣等感と、犠牲者感覚がある。

 

けど

こういうことなのか、、とふと感じた。

 

情けないし、

自己嫌悪と恥と殺意しか感じない。

 

それでも聖霊は私に、

ありがとう、と言ってくれているのか。。

 

それを感じたので、

全然言いたくないけど

ふと自分自身にそれを言ってあげようと思った。

 

Davidが胸の前で腕をクロスして、

うんうんとうなづきながら、

一なる子の私を抱きしめていた姿が浮かんだ。


自分を励まし、敬意を持って、慈しんで、

ありがとうって。


ありがとう。