私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

全体のために、は神のご意志だった

ブラザーサン・シスタームーンを見た後に、今感じたこと。

 

映画の中で感じたように、

 

神は目覚めの呼びかけを

神の子の断片たち、全員に、誰一人除外することなく与えているんだ。

 

呼びかけているんだ。

 

神は愛しているんだ。

 

それが神のご意志なんだから、

そのようになさっているのだから、

 

それが私の意志です。

 

全体の目覚めのために、私をお使いください。

 

そう祈ることは

どこか特別なことだと思っていたんだ。

 

だけど、

そう祈ることは

神のご意志と何も違いがなかったんだ。

 

神を一番にするなら、

 

神のご意志と私の意志は同じなので、

 

全体の目覚めのために、私は従い、信頼して私を差し出したい。

 

ありがとうございます。

 

一なる子全体のために、とは

神の想いなんだ。

 

それしかなかったんだ。

 

それしかない。

 

神のご意志しかない。

 

 

ご計画はわからないけれど、

一人も除外されない、救われない人がいないんだ。

 

全体のために、って

よくわからないうちに言ったり祈ってました。

 

全体のために、という神の想いを感じて

ありがたくて泣いた。

 

 

理解も言葉も、間違っているかもしれない。

 

だけど神の御心を感じたことを

私が私に教えてあげたい、忘れたくないから書いておきます。

 

ありがとうございます。