私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

聖霊からの励ましを自分自身に与えてあげる

6/13勉強会で教えてもらったことと感じたこと。

 

私は努力しないとダメだ、とか要らないよ。

神はお前もっと頑張れとは言わない。

 

なぜなら神は

今この瞬間、

私に幸せであってほしい、喜んでいて欲しい、

愛を受け取って欲しいと思っているから。

 

どうか受け取って欲しい。と。

 

だから努力なんて必要ないんだよ。

 

頑張らなきゃいけないなんて、思う必要はないんだ。

 

それは神の意志じゃないから。

 

確かに、

聖霊からありがとうって言われてきた。

 

だけど、だけど、、、

 

それを

私が私自身に

「ありがとう。

ここまで歩んでくれてありがとう」って、

 

歩んでいるわたしに言ってこなかったよ。。

 

聖霊からの励ましが聞こえた時、

”よくやってるね。ありがとう。

ともに歩んでくれてありがとう。”って、、

 

それを私に言ってこなかった。。

 

「イエス聖霊はそう言うけど、私は私に言わないからね!」

本当にずっとこれやっていた。

 

むしろ、私とはこれなんです。というくらいに。

 

私は私を愛さない。赦さない。励ますなんて!

私が私に愛を出し惜しんできた。

 

それが神の意志に背いていることだったとは。。!

 

衝撃だった。

 

神を一番にしたい

心のままになさしめたまえ

と祈っているのに、

 

神の意志に背いていたなんて。。

 

自分に厳しくすること、

それが正しいに決まっている、

間違ってないって思ってたけど、

 

神は愛なのに、

 

私たちをただ

愛し、慈しみ、喜んでいるのに、

 

神はそういうものではない、

愛ではないって思っていた。

 

 

聖霊が私に与えるように

私が私に慈しみを与えていきたい。

 

神になさしめていただく

心のままに

とはそういうことだったのか。。

 

あの時、

Davidは胸に手を当てて私を抱きしめて、

目を見てうん、うん、というようにうなづいて話を聞いてくれていたのを

思い出す。

 

honorしてくれていた。

 

他の誰かから愛がやってくるのを待つのではなく

それをどこかや未来に求めるのではなく、

 

Davidが私を一なる子の自分自身として見てくれていたように、

 

今、私が私自身を慈しみ、励まし、愛していくんだ。

感謝していくんだ。

 

今、この瞬間に神が与えてくださっているままに、

 

私自身を

よくここまで来てくれました、よくやってるね、愛しています。ありがとう。

そう励まして、歓迎するんだ。

 

そうしていくんだ。

 

ありがとう。

 

また心から響いてきた。

 

さあ、私自身に言おう。

私自身に与えてあげよう!

 

そのようにしたいと思うわたし、

ありがとう。