私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

自分に愛を与える

mokumokuchang.hatenablog.com

この6/13勉強会後に感じていたのは、

 

自己嫌悪、自分への憎しみ、自分をギロチンに賭けまくりたい、

自分をとにかく殺したい、

自分にはそんな資格ない。

みなさん、すみませんでした。

 

そんな思いが湧き上がり、

さっきの課題を後回しにしていた。

 

自分が一番ダメじゃん。

私を赦さない。

できてない。

 

この日の勉強会で、

4月にターミナルだった方の状況の続きを話した。

 

ここで感じたのは、

のり子さんは加害者を加害者として見れなくて、

聖霊の見方でその状況を見れたけど、私にはできなかった。

情けない。

そう思っていたから、話したくなかった。

せっかくの聖霊からチャンスを与えてもらったくせに、

聖霊の見方で見れなかったダメな私を晒したくなかった。

 

それでもそのことを話したが、話して良かったか分からない。

 

自分自身に対するキモさ。

 

他の誰でもない。

「自分自身」が、

聖霊の見方で見て欲しい!と強く望み、決断した結果、

ガイダンスを受け取り、従った結果、そこにいる。

 

だから、その時感じたことを自分自身に正直になって打ち明ける、責任がある。

他人のためじゃない。

そう望んだ自分自身に誠実でありたい。

 

本当の私を知りたいと望んだ自分自身の想いに、不誠実でありたくない。

 

同じ見方でできなかったことが問題ではなく、

そういうふうに感じたんだと

葬り去ろうとしないで、私に隠さずに正直である責任がある。

 

私自身が、そう望んだから。

 

達成感どころか、ダメダメで晒したくない、恥かきたくない思い。自己憎悪。

 

聖霊が私に言っている、私は愛だという自覚が完全に復活されたい」

「私が誰だか思い出したい」

「狂っているから正気に戻りたい」

「目覚めたい」

という本当の望みを願望したその想いや自分自身に、

隠さず晒していきたい。

私が間違っていたことを望むから。 

 

なぜだか隠し通すことに利得があると思っている。

私自身に。

 

自分を慈しむ。励ます。

 

よくやってるのかな。。全然やってないじゃん。私。

 

『自分を慈しまない、自分に愛を与えないのは、神を一番にしていないということ』

と言うのを聞いて、すごく驚いた。

 

神を一番にしたいって思ってたのに、してなかったのか!

 

初めて聞いたような感じ。

私は何年も同じことをずっと言われていたのか。

 

何もすることなくなるじゃん。。

 

深呼吸して、、ってよくカースティンやのり子さんが言ってるけど、

そうだなって思った。

 

一番したくなかったことだ。

自分で言っていてかなり気持ち悪いけど、

 

神を一番にしたいので、

 

私自身が、

自分自身を慈しもう。励まそう。

自分自身に愛を与えよう。優しくしよう。

 

カースティンが言っていた、

赤ちゃんを優しく抱いているように。

 

神が私にそうしているのと同じように。