私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

私の奇跡

私に起きた奇跡の方が、

あなたに起きた奇跡よりも価値がある。

 

だから私はあなたに起きた奇跡を認めたくない。

 

私も同じことを感じていたのに。

 

自分が獲得したものは自分が所有する。

混沌の法則。

 

輪島で感じた奇跡を

聖霊に書かせてもらった時、

 

書き出しが、

”私にとって” 金沢〜輪島の旅で一番の奇跡は

だった。

 

それ以外は認めないって思っていました。

 

全部奇跡だったんだよ。

 

確かにそう感じたのに、

他は認めないって言い張っていました。

  

私の奇跡の方が真実だとか

あなたの奇跡を認めたら、私のが霞むとか

私の感じた奇跡の方が価値があるとか

あの人は何倍も大きな奇跡だったとか

 

そんな考えは全くあてにならない。

 

それが私ではない。

 

それが私ではないことを望む。

 

必要ない。

去れ。

 

相手の奇跡を認めたら

私が負けて損をすると信じて、

認めないぞ!と守ろうして必死に攻撃する。

 

フェンス越しに吠えているあの二匹の犬だ。

 

私自身と戦ってるのか。

 

そんなことにはまったく価値がない。

 

私はそれよりも

聖霊が教えてくれる愛を望むんだ。

 

あなたは愛ですと教えてくれる

その愛を望むんだ。

 

自分自身としてみたい。

仕事で接している人だけじゃなく、

すべての人を。

 

愛と助けを求める懇請も、奇跡も。

 

そこにしか救いがない、ということを

とことん知らしめてください。