私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

神を見ている目

訪問の方がお昼ご飯の時、

つまりお腹から栄養を取る胃ろうのお時間の時、

 

ちょうどその間の時間ぐらいの

一緒に聴きたいと思っていた曲がありました。

 

先月の平安へのツールで

えばちゃんが流してくれていた曲で、

 

それを見た時すぐに、

ああ、是非この方と一緒に聴きたい、、と思っていました。

 

ガイダンスかは分からないけれど。

 

こうすけさんがブログで紹介してくれている、

カースティンのメディテーションのピアノ音楽でした。

note.com

えばちゃん、こうすけさん、ありがとうございます。

 

今日はその機会がありました。

音楽を流しながら作業を進めていきます。

 

会話はなく、

沈黙。

 

今日この日、

この時間まで、緊張や不安、裁かれる恐れが沸き上がっては

馴染みのある私は不幸、犠牲者でいたい誘惑と同一化する。

 

しかしこれは私ではない。

これを望まない。と決断を繰り返していました。

 

この時間、恐れの中

彼と一緒に聴きたいと思って、

初めてこちらの仕事中に、聖霊に耳を澄ますスペースを自分に与えました。

 

彼は聴いているのだろうか?

 

すると、

 

彼は聴いているよ。

聖霊から伝わってきたように感じました。

 

30分ちょっとの間。

 

何も話してないし、

肉体のコミュニケーションはしていない。

 

胃に繋がれたチューブに栄養を流すというお食事の作業を

お手伝いしているだけでした。

 

だけど、今までで一番通い合っていたような気がしました。

愛を受け取っているような、安らぎを感じながら。

 

彼も安らぎを感じていたのかは、分からないけれど。。

 

その後、

今度はビートルズの特集のyoutubeを開いたら、

一番最初に流れてきたのが、Let It Beでした。

 

Let It Be 

身を委ねなさい

 

すでに身を委ねていて

なさしめられるままになさしめられている、

 

その通りにしている彼の

 

Let It Beを聴きながら遠くを見ている目が、

真っ直ぐで美しく、綺麗でした。

 

いつもとても澄んでいて透明で綺麗な瞳だけど、

 

彼は神を見ている。

 

確かにそのような目でした。

 

身を委ねなさい。

 

そう彼が教えてくれています。

 

エス、あなたなのですね。

 

なんとありがたいのだろう。

言葉もありません。

 

まだまだ彼の中にいるイエス、あなたを直視できないのですが、、

 

その目に、

お姿に触れさせていただける機会を与えていただいて、ありがとうございます。

  

のり子さん、

Let It Beを教えてくれて、ありがとうございます。

 

youtu.be

youtu.be