私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

私自身

もうそろそろ、と見られている方。

 

とてもとても痩せていて、

骨と皮だけのような体。

 

腕が縮こまっていて、

肌は茶褐色。

 

お名前を呼ぶと、

わずかに瞼をピクッと動かされた。

 

私。

 

私自身であると教えられなければ、

私だって思おうとすら思えなかった。

 

家に帰り、思い浮かべると

その方と心で一つなのを感じて、

 

家族、と浮かんだ。

 

涙が出てくる。

 

ありがたいと感じるからかな?

なんで泣くのか分からない。

 

あなたが私に代わって見て欲しいです。

 

私自身として見たい。

 

私の最期の最期に、何を思う?、、

 

優しくされたい、

赦して欲しい。

 

そう思うな。。

 

だから

その方という私自身に

 

優しくありたい、

慈しみたい。

 

と思う。

 

私ができることは、何もないのだけれど。