私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

介護

のり子さんやみんなの介護の話を聞いて上がってくるのは、

 

それは過去経験した

私のアイデンティティーだ。

 

奪わないで欲しい。

 

みんなはきっと愛と光を見て、

感謝いっぱいになるんだろう。

 

そして

それを聞かされるんだろう。

 

でも

私は失敗した。

 

ダメだった。

 

のり子さんやみんなのように

愛と光を見れなかった。

 

敗者だ。

 

恥ずかしい。

 

惨めだ。

 

だから

私から語ることなど一つもない。

 

話すことない。

 

聞かされたくない。

 

情けない。

 

ダメだったし、ダメだ。

 

役に立てなかった。

 

悲しい。

 

無価値だ。

 

話せることなんてないよ。

 

 

それを自分の中で浮かびあがらせてあげたい。

 

将来経験するかもね、とか

そういうことに持っていかずに。

 

誰でもない。

その声を聞きてあげられるのは、私だけだから。