私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

泣き叫び

(昨日の続き)

 

無価値感、泣き叫びを出させてあげられなかったのは、

あなたのせいだ。

 

そう言って相手に怒る。

 

誰かのせいにする。

 

私自身が、

泣き叫んでいるなんて認めたくないんだよ!

 

私自身を除外している、のけものにしているのは、

私だ。

 

あなたのせいだ!と言って怒る。

それがもう私の泣き叫び。

 

もう先に泣き叫んでんだよ。

 

出ちゃってるんだよ。

 

もう認めちゃいなよ。

 

隠そうとしても、

無理だよ。

 

出したくない。

押し込めていたい。

恥ずかしい。

蓋しときたい。

 

泣き叫びなんて全然認めたくねーんだよ!

 

兄弟のも私にも受け入れたくない。

 

私は違う!大丈夫だ。

私は知らない。

しらばっくれたい。

 

くそ!

負けたくねえ。

 

でも、

その怒ったまさにそれが、泣き叫びなんだよ。

 

私が泣き叫びなんだ。

愛が分からなくなっちゃった、怖いよって叫んでいる声。

 

愛ある想念の聖霊からの

愛と慈しみの目で見てもらいたい。

 

どのように見ているか教えて欲しい!

 

 

愛と助けを求めて絶叫していることを

自分に隠さずに、深いところから浮上させてあげたい。

 

それを私に赦して、

その声をあるままに正直に認めて、

素直に助けを求めたい。

 

聖霊

助けてください。

 

 

www.youtube.com

 

↑動画より〜

罪悪感を感じた時、

少しでもモヤッと何か感じた時、

自分は間違いなく泣き叫んでいるんだ、ということを認める。

 

誤りが訂正されるのに、とても重要な鍵なんだ。

 

愛と助けを求める泣き叫び、絶叫か

愛ある想念。

私の心の中には、どちらかしかないのではなくて、

どちらも常にある。

今自分はどちらと一つなんだろう??

 

ありがたい、幸せ、なんて美しいんだろうという時

”愛ある想念”と一つ。

次の瞬間、自我のトリックが起動して

やめてくれ!というような

”愛と助けを求める泣き叫び”が浮上する。

 

その時、

私の愛と助けを求める泣き叫びが、起動したんだ。

 

助けを求めるということが、大切なんだ。

 

私は助けが必要なんだということを認識して、

助けを受け入れる。

 

人のことをあーだこーだ気にし出したり

なんとかしたいとか言い出してモヤっとした時、

その時こそ

その人じゃなくて

「わたし」が、

「わたし」こそが泣き叫んでんだって、内側に戻って認めていこう。

そして聖霊に助けを求めよう。

 

こうやってまた聖霊に導かれたおかげさまで、

完全スルーして、しらばっくれていた私の泣き叫び、恐れに触れられて、

聖霊に助けを求める、という

正気の決断をする機会を与えてもらえました。

 

れいさん、ありがとう。

 

聖霊

ありがとうございます。