私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

聖霊に従っていく道⑧3月合宿

<3月合宿>3/28・29・30

3月合宿についての記事

2020年3月合宿 カテゴリーの記事一覧 - 夢から目覚める

 

だんだん抵抗が増している。

思い出して書き出していきたい。

 

 

3月の合宿に行くと決めてからも、

グズグズと抵抗していた。

 

献身のけの字も思っていなかった。

 

のり子さんから、

 

聖霊

 

今のそのまま、

自分をそのまま聖霊に捧げるために、

ただ居るだけでもいいと思います。と言われた。

 

そう聞いて、安心して

ただ感じている悲しみや思いを出させてあげたい!

 

素直でありたい。

正直でありたい。

 

そうずっと祈っていた。

 

 

本当にそのように導かれた合宿初日。

愛と助けを求める泣き叫びを出させてあげる〜合宿初日 - 夢から目覚める

 

聖霊に導かれたexpose。

 

あんなに態度に表して、

 

あからさまに

そこにいる全員やのり子さん個人に向かって、

 

「嫌いだ!!」と言ってテーブルにメガネを投げつけたりして、

不満や怒りをぶつけたのは、コースをやり始めて初めてだった。

 

いや、

親兄弟以外、こんなに剥き出しにして出したのは

初めてだったかもしれない。

 

 

何度も参加してきた合宿でも

そんなことは一度もやらなかった。

 

思い出すと

この合宿に至るまでに、

勉強会でも、

 

speak upしていたし、

何度も何度も祈っていたことは、、、

 

今まで溢れていた悲しみ。

私は深く悲しんでいることを知った。

 

私は私の泣き叫び、感情や思いを出させてあげたい!

出させてあげたいんだ!

 

素直でありたい。

正直でありたい。

 

そう祈っていたので、

 

その通りに、聖霊からその機会を与えていただいた。

 

 

怒りが湧き出し、

みんなの前で出させてもらっている時、

 

怒りながら、悲しみながら、鼻水垂らし、泣きながら、

吐き出していた。

 

みっともないし、恥ずかしい。

 

この場をこんな状況にしてしまって最悪だ。と思っていたり。

 

それでも

なんで愛してくれないんだよ!というような感じで、

途中から何を言ったかさっぱり思い出せないけれど、

 

必死にあてつけながら出しながら、

泣いていた。

 

 

 

 

これを出させてあげるのを待っていたんだよ。

 

 

そうだったんだよ。

 

 

 

 

みんなをどこか深いところで信頼していた。

 

泣き叫びなんだ。これは。

だから、出させて欲しい。

 

そう

声には出さずとも懇願していた。

 

 

のり子さんという聖霊から、

トリガーとなった、

 

「何でユタじゃなくてここでやらないの?」と言う言葉が出たのは、

聖霊の”完璧”な導きだった。

 

ユタがトリガーになった理由はこの記事↓

聖霊に従っていく道⑤ユタの話題が出る - 夢から目覚める

 

この⑤だけはなく、

ここに至るまでの聖霊の導きの全てがあったからこそ、、だったと本当に思う。

 

まさにその時感じたのは、

 

強烈に恥ずかしい!

恥だ!

隠しておきたかったのに、

何てことするんだ!お前!

 

グワっと

爆発した。

 

 

一通り吐き出して、

降参した後に、

 

聖霊の導きだったと思えた。

 

聖霊の導きって、

本っ当に完璧なんだ。。!!

 

それほどまでに

愛されているんだ。。

 

 

この怒り、

 

今まで人にも自分にも、

 

どうしようもなく見せたくなかった、

隠したかった何かが表に引きずり出された。

 

脳天をバカ!!ッと

聖霊が割ってくれた。

 

 

勉強会で、のり子さんが

順子が先に割ったね。とみんなに話してくれて、

 

嬉しいと思ったけど、

 

それをやったのは、

順子、じゃなく聖霊だった。

 

今、

私、の手柄にしたい欲望があったことに気づいた。

 

これも捧げます。

 

 

 

そこから愛と助けを求める懇請を

出させてもらった。

 

 

そして深く大きな癒しに繋がっていった。

 

 

のり子さんやラファエルと

兄弟たちのお陰様だ、と今思う。

  

また、

合宿の最後にシェアした時も、

のり子さんに抱きつき、悲しみを隠すことなく、

鼻水垂らしながら、泣きながら画面の前でexposeした。

信頼する〜合宿より - 夢から目覚める

 

このシェア前は、とても怖かった。

 

愛が近づいてくるからね、とのり子さんに言われた。

 

どんなものを信じて、出したとしても

大丈夫なんだ

 

赦されている、

愛されているから。

 

 

人生初、

 

憎悪や悲しみを

自分にも兄弟にも明らかにして、晒したこと、

 

愛して欲しいんだ!

 

愛されたいんだ!

 

私、悲しいの。

 

 

愛と助けを求める泣き叫びを

あらわにしたことが、

 

まさか

あんなに大きな癒しに繋がるなんて思わなかった。

 

 

 

 

そうだったんだ。

 

そうやって、癒しというのは起こるのか。。

 

それを安心して出させてくれる

兄弟がいてくれるからこそ、

 

出せた。

 

 

ずっと秘めてきた

神への想いを。

 

 

きっと、

今まで輪廻転生というものがもしあるならば、

 

過去

そんなことをさせてもらえる相手なんていなかっただろうし、

そんなことをしたこともなかった、、と思えた。

 

その相手を信頼し、

聖霊を信頼してきたことも。

 

 

それを出させる目的は

決して相手を攻撃したいからではない。

 

相手を踏みにじりたい怒りや悲しみや無価値感を、

 

今まさにそれを感じているけれども、

 

 

本当の目的は、

 

それ

 

愛と助けを求める叫び声に

 

 

正直であって、

 

 

隠さずに、

 

出されていって、

晒されて、

 

闇が光に捧げられていって、

 

それが間違っていたことを知り、

 

 

神へと帰る為だ。

 

 

その為なんだ!

 

 

 

 

あなたは、これをやりにきたんです。

 

 

 

 

今生。

 

 

それだけが

唯一の目的で、

 

そのために、

今、こうしてみんな集まっている。

 

みんなの思いは一つ。

 

 

語る言葉は違うように見えるし、

体験や経験が違うように見えるかもしれないけれど、

 

目的は一つ!

 

 

その目的のために、

神のみ元に

結集してくれている。

 

 

 

疑い、疑い、疑って、、

 

自分の本当の願望、

目覚めたいという願望を自分から裏切って、

 

打ち捨てて。

 

それでも

また信頼して大丈夫なんだと教えてくれて、

 

本当に私が望んでいることは何なのか、

思い出させてくれる。

 

戸惑っても、

何度迷っても、

長い間、逃げまくっていても、、

 

それでも

拾い上げるように

すくい上げてくれるように、

 

見つけ出され、

 

疑いながらも信じてついていくことを選んできた。

 

10000の内1だけかもしれない。

 

それでも

エスに従っていって、

 

導かれてきた。

 

 

それこそ奇跡。

 

 

それほどまでに

私たちは愛されているんだ。

 

 

私にもわかるように、

聖霊はこのように

導いてくれている。

 

 

私たちは今、

 

神に

エス

完全にサポートされている。

 

 

 

そしてそれを

瞬時に忘れたくて、忘れている。

 

 

だから

こうして書き出していくと、

 

そうだ。

 

確かに、そうだ。と

今また思える。

 

 

私の本当の望み。

 

聖霊への信頼。

 

 

 

本当にありがたい。

 

 

このような機会を与えていただいて、

ありがとうございます。