私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうか聖霊あなたに打ち明けさせてください。

責任転嫁

昨日の夜、ブログを書いている間、

 

旦那さんの嘔吐が始まり、夜中まで続いたようだった。

 

 

そこに罪悪感を投影しようと思えばできるのだけど、

 

何かこれは起こってるんだと言って、

 

のめり込むことができなかった。

 

 

昨日の

芝居がばれたみたいな感覚

 

とても悲しいのだけど、

喜んで飛びついているのが分かってしまい、

 

その瞬間、

知覚はとても悲しいんだけど、

下手なしらけた芝居をしているような感じになった。

 

 

その感覚で見たのかもしれない。

 

 

お水を渡したり、気遣いはするのだけど、

 

そこにもう同意しません。みたいなところから

眺めていた。

 

 

中庸ってここのことなのかな、と思った。

 

 

 

やっぱりまだ

旦那さんとわたし、ということにしたかった。

 

 

「彼」がこういう世界を理解できないとか

神を理解できないからだとか

頑固だといって責任転嫁していた。

 

 

彼に見るのは

まったくの自分の心の中100%の反映で、

 

 

それはわたしが、

 

 

聖霊に従いたくありません。

神に従いたくありません。

 

神が創造したままの私を受け入れたくありません。

 

わたしを赦したくないんですと言っている姿だった。

 

 

これをずっと自分に認めたくなかった。

 

 

鏡でいてくれてありがとう。

 

 

聖霊のお導きのお蔭さまです。

 

 

 

認めよう。

 

 

確かに、そう思ってます。

捧げます。

 

ああ、

正当化とか、責任逃れしかしてないんだな。。

 

 

 

本当に、、

神に従う道をそのままに、

祝福されながら

行く道の障害物が取り除かれ、

気が付いたら楽に進んでいくことができるのかもしれない。

 

何かが広く大きく展開されていくような感じがした。

 

とてつもない幸せが怖いと感じつつも、

自我にはあり得ない

そんな幸せがあるんだ、、と思った。

 

 

 

もっと

信頼して、

従っていけば。。

 

そうなるんだよと教えてくれたのかもしれない。

 

 

 

どこかで、

神への道は障害物だらけ。

苦行みたいで周りから理解もしてもらえないし、衝突、困難は付きもの

と思い込んでいたかった。

 

それも

聖霊、あなたに明け渡します。

 

 

 

神様ありがとうございます。