私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

撮影ファンクションという特別性

私は仕事があるので、途中で一人抜けることになった。

みんなと一緒に居られる時は感じなかったような、悲しみや孤独、不信、怒りが湧いてきた。

 

兄弟に怒りを投影する。

 

なんで闇が上がっている兄弟に付き添わなきゃいけないんだ。

私にはよく分からないんだよ。

どうせれいさんや賢太さんの癒しの踏み台に過ぎないんだろ、私は、

というやさぐれと怒りと、悲しみ、孤独感が渦巻いていた。

 

帰りの新幹線で

ずっと頭でぐるぐる回っていたTake me homeの歌を聴きながら、一人号泣していた。

 

今この瞬間、もう一度、神を信頼しよう。

 

あのフランチェスコの映画を見た時に感じたように、

全ての夢見る者の断片に完全に今、愛が与えられていて、愛されているのを感じたじゃないか。

 

そう何度も自分に言った。

 

次の日、朝出勤するときに

どうせ私には癒しは起っていない、と思っていたら、

「癒しは起っている」とふと感じた。

 

それでも離れてしまった、不信感、絶望感、情けなさ、悲しみが抜けずに職場に着く。

 

みんなに分からないように、昼食を泣きながら配膳していた。

 

情けなかった。

ここにいることが申し訳なかった。

 

愛を持ってお世話しなければならない職場に、私は相応しくない。

ここにいて、みんなに申し訳ない。

 

私は愛に値しない。

こんな人をお世話するなんて私には向いていない。

愛を与えることも、

愛を受け入れることも、

私は値しない。

愛するに値しない。

愛を表現するに値しない。

愛を与える資格ない。

そんな資格はない。。

受け取るも与えることも、愛に触れることが値しない。

 

 

そう感じながらも、体を動かしていく。

 

その日は、私が一番嫌いな利用者の誕生日だった。

怒りっぽくて、ワガママなおじいちゃん。

 

職員が何人かで

家族が用意したケーキを差し出し、

その人が大好きな男性職員も偶然出勤だったので、並んで写真を撮る。

 

私は手を叩いて自然に、

Happy birthday to youを大きな声で歌い出した。

職員みんなも一緒に歌う。

 

おめでとう!と言うと、

ありがとな、、と言ってそのおじいちゃんがほろっと涙ぐんで、

嬉し恥ずかしで、照れていて「お前らも食べな!」と缶でできたケーキを差し出す。

 

自分の誕生日がめでたいとか、

人の誕生日がめでたいなんて思ったことはほとんどない。ましてや嫌いな人の。

 

だけど、

家に帰ってからも涙が止まらなかった。

 

ありがとな、、とうるうるしながら言ってくれたことが嬉しかったし、

彼と一緒にお祝いできてよかったと思った。

 

歌を歌うのも、聖霊がなさしめていただいたのだろう。

内側から一つとして広がりを感じ、自然にそうした。

 

私が歌おうとするわけがない。

 

オムツ交換をしながら、あるおばあちゃんと一緒に

「われは海の子」を歌っていた。

 

この方が歌う”われは海の子”を聴くと、

「わーれはかーみのこ」と聞こえるんだよな。。

 

泣けてくる。

 

その人の居室の前に書道で

他の方が書いた「われは海の子」の歌詞が貼ってあったのに、その日初めて気づいた。

 

こんなところにこの歌の歌詞があったのか!

まるで、

「われは神の子」なんだよ、忘れないでね。

と言われているようだった。

 

”我が懐かしき住みかなれー”と

一緒に歌う。

 

ありがたい。。

 

いつも私がイラついてしまう103歳のおばあちゃんが、

そっと私の手に手を添えてくれた。

 

みんなの愛と癒しを感じて泣いた。

 

それ以外にも、みんなからたくさん助けられ、癒しを与えていただいた。

助けていただいた。

 

家に帰って思った。

 

撮影ファンクションに特別性を見ていて、

仕事は違う、と思っていた。

 

撮影ファンクションの途中で帰ることで

私は癒しを受け取り損ねた。。と思っていた。

 

これは間違っているかもしれないけど、

仕事よりも、撮影を優先させて行くべきだったかもしれない。

その正当化をしているかもしれない。

 

だけど、

次の日撮影ではなく、仕事をしてみてわかったことがある。

 

全体の目覚めのために私をお使いください。

確かにそう祈った。

 

撮影ファンクションに対してだけ。強く。

 

でも私は間違っていた。

 

全体の目覚めのために、神の道具としてお使いください。という祈りは、

 

全ての兄弟の中にある、あなたの中の光にひざまずき頭を垂れて、

教えていただきたいです、

助けていただきたいです、

あなたの中にある光にひれ伏します。

 

あなたの中に神を認め、その光に平伏します。

あなたの光に敬意を表します。

 

あなたから神の愛を知ることを必要としているのは、私なんです。

助けが必要なのは私なんです。

 

そういう祈りだったんだ、と気づいた。

 

みんなのために立ってやる!という祈りではなかった。

 

全く逆だった。

 

すべての兄弟に仕えます。

かしずきます。

あなたの中の光に仕えます。従います。

私こそがすべてのあなたの光を必要としているからです。

 

そういうサレンダー、私の降参の祈りだった。

 

 

それに気づかせていただけたことが、私の救いです。

ありがとうございます。

 

 

 

全体のために、は神のご意志だった

ブラザーサン・シスタームーンを見た後に、今感じたこと。

 

映画の中で感じたように、

 

神は目覚めの呼びかけを

神の子の断片たち、全員に、誰一人除外することなく与えているんだ。

 

呼びかけているんだ。

 

神は愛しているんだ。

 

それが神のご意志なんだから、

そのようになさっているのだから、

 

それが私の意志です。

 

全体の目覚めのために、私をお使いください。

 

そう祈ることは

どこか特別なことだと思っていたんだ。

 

だけど、

そう祈ることは

神のご意志と何も違いがなかったんだ。

 

神を一番にするなら、

 

神のご意志と私の意志は同じなので、

 

全体の目覚めのために、私は従い、信頼して私を差し出したい。

 

ありがとうございます。

 

一なる子全体のために、とは

神の想いなんだ。

 

それしかなかったんだ。

 

それしかない。

 

神のご意志しかない。

 

 

ご計画はわからないけれど、

一人も除外されない、救われない人がいないんだ。

 

全体のために、って

よくわからないうちに言ったり祈ってました。

 

全体のために、という神の想いを感じて

ありがたくて泣いた。

 

 

理解も言葉も、間違っているかもしれない。

 

だけど神の御心を感じたことを

私が私に教えてあげたい、忘れたくないから書いておきます。

 

ありがとうございます。

 

 

神の愛を望む

神が与えてくださったたくさんの奇跡や

 

最近の

あなたも私も何もなせていないという感覚、

真の赦しで感じた愛と感謝、一つの感覚、

 

ブラザーサンシスタームーンで感じた

神の私たちへの愛、、

 

それが

神の愛、

神の御心ならば、

 

私は神の愛だけを望みます。

 

神の御心を望みます。

 

 

私は神の愛だけを

神の御心だけを望むので、

 

あなたにすべてをおまかせします。

 

わたしのすべてを捧げます。

 

心のままになさしめたまえ

我が天命を全うせしめたまえ

 

 

五井先生の本で言われていた言葉。

 

”まかせたなら、思わない。”

 

のり子さんからよく聞く、

”何もしない

幻想に触れない”

 

沈黙。

 

 

ブラザーサン・シスタームーンを観て

6/20にみんなでブラザーサン・シスタームーンを観て感じたこと。

 

聖フランチェスコ

神よ、あなたの平和の道具にしてくださいという

まさに彼の祈り、真の望みのままに

 

彼を使って

劇中の誰一人除外することなく、

神はすべての人を完全に平等に愛していることを

伝えている。

 

神に従っていく人にも、まったくそうでない人にも。

 

目覚めなさい、と。

 

彼の父親がお金の亡者で、母親と意気消沈しているところに、

彼が家の下から問いかける。

 

それがあなたではない。

目覚めなさい。

 

あなたは今も愛されている。

 

女を抱きたいというマイティコンパニオンにも

神は自由を与え、彼を愛している。

 

貧しい人たちや皮膚病や身体障害者、富を得ている人たちも。

 

 

権力にがんじがらめになっている教皇にも。

 

すべての兄弟に、まったく同じように

 

目覚めなさい。

あなたは今、自由です。と。

 

私たちは神に愛されている。

私は神に愛されている。

 

のり子さんに指摘されるまで分からなかったけど、

これを言うことを避けたかった。

 

神に愛されている。

私は言ってはならぬ、認めないぞ。

そんなこと言う資格ないと思っています。

 

だけど、

感じたことを勇気を出して口にしていきたい。

 

神がそれを望むなら。

 

今、介護という仕事という形に見える

与えるという機会が

 

他の誰でもない、

私にとって必要だから、

 

神から与えていただいている。

 

私が必要としているから。

特別じゃない。

 

 

神の平安の道具としてお使いください。というのは、

こういうことなんだ。

 

形や目に見えることではなく、

 

神の子を一人も除外することなく愛しているという

神の想いをそのままになさしめていただくということなんだな、、と

 

感じて、教えていただきました。

 

ありがとうございます。

 

神よ、

あなたの平和の道具として私をお使いください。

 

 神を、

あなたの想いを1番にしたいです。

 

心のままになさしめてください。

 

 

私が私を赦しの目で見てこなかった

昨日、思ったこと。

 

先日の、

 

のり子さんから

ラファエルが私のことについて怒りが爆発すると困る、という話を聞いて感じた、

 

赦しの目。

 

それを聞いて

ただ、私は幸せで喜んでいた。

 

自分で自分の胸を抱きしめて、

ありがとうと喜んでいる。

 

 

その目で、

 

私は、

その目で私自身を見てきただろうか?

 

自分自身を見ているだろうか?

 

今。

 

他の誰か、という私にだけ

そうしよう

その見方で見たい!と意欲を注いできたけど、

 

まさかのまさか、、

 

自分自身を

私自身を

 

24時間365日

 

この赦しの目で見続けようと

してきただろうか?

 

いや。

 

全く、与えてこなかった。

 

自分自身に

神の愛を注いできただろうか。。

 

自分に与えてきただろうか。。

 

 

心のままに、と言いながら

私自身にその目で見ることを与えてこなかった。

 

私を忘れていた。

私を忘れようとしていたんだ。

 

私が私を除外していた。

 

私にだけは与えません、って。

 

 

ああ。。

 

そうだったのか。。

 

 

ラファエルのことを聞いた時、感じたあの見方で、

 

自分が自分をそう見たい。

 

 

私に赦しを与えてあげたい。

 

 

 

これが私でなかったら幸せだ

真我なるハートに

同じ仕事をしている人が結構いる。

 

勝ちたい、悔しい、負けたくない。

 

それでも

仕事へ向かう途中、プレッシャーを感じていた。

 

するとこういう想いが沸いてきた。

 

 

「ああ、、

 

私のアイデンティティーだと思ってきた、

この介護という仕事をしている私、

 

この道を歩んできた私、歩んでいる私が

 

わたしでなかったら、うれしい!

 

幸せだ!」

 

 これが私でないことを望む。


 

がんばらない

がんばらない。

 

私をがんばらせない。

 

がんばらない。

 

がんばらなくたっていいんだ。

 

自分に厳しくしたり、頑張らせようとしなければ、

私はとても自由で幸せだ。

 

神になさしめられるままに、

なさしめていただきたい。

 

流れゆく雲のように

 

flow

 

どこにもつかまらなければ、自由で幸せだ。

 

私は今日、がんばらない。

 

神が運んでくださる。

 

神になさしめていただくことを

私自身に赦してあげよう。

 

自由で平安で幸せでいることを

私に赦してあげよう。