私は知覚に問題があります

なので感じていることを、どうかあなたに打ち明けさせてください。

癒される必要があるのは私

目の前にいる人が

明らかに

生きることを完全に委ねている人だとしても、

 

治療やケアが必要なのは、私なんだ。

 

癒しが必要なのは、私だ。

 

癒しを求めているのは、私の方だ。

 

癒される必要があるのは、私だ。

 

癒しを受け取っているのは、私の方だ。

 

相手を見誤っているし、

恐れている。

 

自分が狂っていて病気で、

 

セラピーが必要なのは私で、

 

相手こそが癒し手なんだ。

 

狂っていて、病気なのは自分の方なんだ、、

 

ということに少しでも触れさせてもらえて、

 

ありがたい。

 

私は

聖霊、あなたを信じようとしてません。

 

疑って回れ右して、

いつも引き返すことしか考えていません。

 

怒りが湧くし、怖いけれども、

あなたに開いていきたいです。

 

私には

あなたの治療が必要なんだということが、

少しわかりました。

 

 

少しだけあなたを信じてみます

これだけはスムーズにいくだろうと思っていた私のプランは、

予想外れになってしまいました。

 

まさか、これもだめなんて!

おかしいだろ!

 

でも自分優先、自分の利益のみプランは、

あっさりと自信のなさみたいなものを感じて撃沈しました。

 

No planと聞くと、あなたに腹が立ちます。

 

 

それでも、

最初は怖い、どうしよう、、嫌だ、避けたいと思っていた方向だけが

残ってしまいました。

 

それだけになるのは嫌だから避けようとして、

一生懸命奔走していたのに、全然うまくいかない。

 

そして

今日、最初は恐れていたこと、

家族から責められるんじゃないか、とか

私には無理だ、、と思っているけれども、

 

それでも何か

あなたに支えられていて、

 

何か起こるように見えたとしても

家族の方と一緒になって、その方の役に立ちたい、

サポートする一員に加わる機会を与えてもらえるのかもしれない、と

初めて思いました。

 

そう思っているのか、、私。

 

びっくりしました。

 

その方の横に立つのを思い浮かべると、

何度も泣けてきます。

 

何に触れているのかわからないけれど、

私はもう

その人の前にひざまづくしかない、みたいな感じです。

 

実際はいろんな闇の感情が溢れてくると思うし

それは想像だけかもしれないけど、

私は何に触れているのですか?

 

あなたのプランによって

私が何がどうなるかなんて想像することってできないみたいです。

 

私のプランは想像できるのに。

 

あなたのプランがあるなら、

頼むから私にわかるようにはっきり教えてくれよ!

 

そう思ってます。

 

だけどどうにも、、

それしか残ってないし、

 

恐れやものすごい怒りやあなたへのムカつきがありつつも、、

どこか下の方で安心している感じや

何か心が揺さぶられる、

何かに触れてしまうような感じを

 

少しだけ、、

この感じたことを信じてみようと

ようやく思い始めました。

 

今思えば、

そこにしか光がなかったように感じます。

 

右往左往しまくって、

逆走するし、

これからもするし、いまだにしまくっていて、

 

生活、どうするんだ!と不安です。

 

でも自分の生活をうまく安定させようとすると

ことごとく、うまくいかないんだよ。。

なんでだ?

 

前の方が良かったとか、

安定してたよね、とか。

 

うまくいくと思ってました。

まだやれるし、方法あるって思ってます。

 

そして

あなたのプランを強要されてるように感じてました。

 

いや、今も感じてる。

 

だけど、やばいよ。

全然進まない。

 

私がただ、恐れているだけかもしれない。

 

まだあなたを疑いまくってます。

信じられないって。

 

まともに聞きたくないです。

 

でも

どうしたらいいか全っ然分からないけれど、、

とりあえず今感じていることだけを信じていこうと思い始めました。

 

借金生活になっても、どう転んでも、

一つずつ、感じたことを信じていくしかない。

 

カッコつけてるわけじゃなくて、

どうやらそれしかないみたいだ。

 

私にはもう、それしか道がないんですか?

 

 

バカにしてます

今日横断歩道を渡っていて、

 

前を自転車で走っている高齢のおじさんを

 

思いっきり見下してバカにしていた。

 

 

ああ。

高齢の人、というだけで

思いっきりバカにして見下している。

 

怒ってる。

 

赦せない。

 

自分の親も!

 

年老いている、ということが赦せない。

 

醜い!

 

あっちいけ!

 

気持ち悪い!

 

そこから逃げ出してやる。

そんな姿見せるな。

 

 

ブラザーサン・シスタームーンという映画を観た。

 

ただ目についただけで、あまり観たくなかった。

 

 

その中に、

 

聖フランチェスコ?だかが、

 

「神の平和の道具としてお使いください」と言っていた。

 

え、、

またこの言葉かよ!

 

勘弁してくれよ。

 

このまま見るの嫌だ。

 

 

川で何人かが

 

貧しい人たちの身体を拭いていたり、

 

子供の世話していた。

 

皮膚病でただれた皮膚を拭いてあげたり、

 

水を飲ませてあげたりしてた。

 

別のシーンで四肢がない人がいて、

暖かい毛皮をかけてあげてる人もいた。

 

 

ちっともいい映画だと思えなかった。

 

このフランチェスコって人に

怒ってる。

 

なんなのこの人。

 

何言ってんの、この人。

 

憎しみあるところに、愛を。とか。

 

全然読めないんですけど。

 

イラつくわ!

 

教会とか、ほんとごめんだね。

 

エス

あなたに背を向けて、

出口からさっさと出ていきたい。

 

逃げたい。

 

ここにいたくないよ。

 

 

憎しみとか、怒り、激しい抵抗がある。

 

苦しい。

 

苦しい。

 

悲しい。

 

 

私の方が、治療が必要だからですか?

 

認知症の人をバカにしていたけど、

認知症の人って、私だ。

 

 

感情溢れてるの、それ、私だ。

 

泣けてくる。

 

どう見ても、

四肢がないとか不自由で貧しくて、不幸にしか見えない。

 

どうしたらいいか分からない。

 

お手上げだ。

 

だって、

その人たちは全面的に

世話してくれる相手に生きることを

委ねている。

 

相手がどのような人であっても。

 

そんな人たちを前にして、

一体何ができるというのですか?

 

私にどうしろというのですか?

 

病気の人や、認知症、高齢者。

 

映画の人のように、

四肢がない人。

 

除外して、バカにして、見下しています。

醜い、不幸だろう、とか。

弱々しいものと思ったり、憐れんだり、悲しく思ってます。

 

 

「イエス、あなただったんですね。」

 

 

という勉強会でのり子さんが言っていた言葉が

深く心に残っていて、泣ける。

 

 

でも、

メッセンジャーで闇を打ち明けたり、やりとりする兄弟も、

見下して、バカにしてます。

 

共同生活?

 

うざい。

 

めんどくさい。

 

そんなつもりない。

私には関係ないんですが。

 

避けたくて、バカにしていて、見下している。

 

 

仕事や家庭に逃げられると思っていた。

 

お金稼ぐために、とか。

 

でもそれもどうにもできないんですね。

 

共同生活って

一人でいたいから避けたかったけど、

 

私には避けられないんですね。

 

真我なるハートじゃないところでも。

 

 

ああ、もうだめだ。

 

私の思い通りになんてなれない。

どうしようもない、と思って

 

こないだのブログで降参的なことを書いたら、

 

今度は自分に対して、

 

良いこと言ってんじゃねえーー!

何をーーーー!ふざけんな!そうはいかない。という憎しみと怒りが出た。

 

だけど最近、

どうも、

どうやっても自分の思い通りにうまくいかない。

 

聖フランチェスコって嫌い。

 

すげー嫌なんだけど、

 

そのように生きなさい。としか言われてないだろう。。もう。

 

怖い。

 

もう

自分の思い通りにならないし、

 

だんだん

それでもいいです。と思い始めた。

 

 

そのような相手を

 

「イエス、あなただったんですね。」

 

と言っていたあれを思い出しては泣く。

 

 

なんで泣くのか分からない。

 

 

でもそうやって

私が間違ってたって

 

それに気づくことだけを

あなたに求めます。

 

 

また日記的な書き方になってしまいました。

 

すみません。

 

あなたに正直に打ち明けていきたいです。

 

 

 

助けてください

来月貯金は底につく。

 

だから焦って仕事を探そうとするのに、

一向に進まなかった。

 

今も進まない。

 

全くやりたくないのに、

ある方向だけはどんどん進んでいった。

 

ああ。

 

どうしよう。

 

手に負えない。

 

履歴書を書く時、

全部差し出しなさい、手放しなさい。

 

と感じた。

 

私は、こういう経験があります。

こういう資格があります。

過去、こういう職業でやったことがあるんです。

 

これを武器に簡単に探せるもんだと思っていて、

お金もこれだけ行けばいくらいくら稼げて大丈夫だろう。

 

そんな計算をしていた。

 

逃れられると思っていた。

 

 

やってました。なんてゴミだ。

 

微塵も、通用しない。

何にもできないじゃないか。。

 

お金のためにやってます、なんて絶対無理。

 

 

聖霊に、使われるしか道がもうない。

 

聖人になりたいとか

ヒーローになりたいとか、

 

映画の撮影の話が出た時はぐわっと野心がでたり、

兄弟の癒しを助けるためなんだ、と

いかにもいいことをやりつつ、

実は足を引っ張って偽善者になったりした。

 

 

使ってください。と祈るのは、

もうそうするより他ないからだったのか。。

 

慣れだとか慢心が出てくると思う。

 

でもそれでやったら、

終わる。

 

 

聖霊あなたがなさってください。

 

私には何もできない。

 

私にはなすすべがありません。

 

 

 

神よ、

あなたの平和の道具としてお使いください。

 

この祈りは

この2ヶ月の間に、何度も目に入ってきた。

 

兄弟が何度か教えてくれた。

 

だけど一向に続きが読めないよ。。

 

睨めっこしながら、固まってて

30分過ぎた。

 

 

もう一つも、

あっけなく打ち砕かれ、

 

私、が技術を身につけたいからこっちにいきたい、

なんていう動機はまったく通用しなかった。

 

ああ、だめだ。。

避けたかった方向しかないのか、、と思ったら、

 

広がりを感じた。

 

吐き気がする。

 

恐れていて、

避けたい、避けたいと思っている。

 

何もうまくいかない。

 

実家も私も金銭的にも行き詰まっている。

 

 

面倒見るとか、介護する。

 

上から目線でいってます。

 

面倒みてやってます。

介護してやってます。

 

私は面倒みてあげられる人だと思っていました。

 

とんでもなく、間違っているのでしょうか。

 

 

わたしは

認知症の人をバカにし、見下していました。

 

今日初めて、

私はバカにしていたんだ、と認めました。

 

彼らが怒りを爆発させるのが怖くて、

感情のままにそれを出したりすることに直面したくないです。

 

自分自身の中にあるそれに

直面したくないからです。

 

彼らの怒りや不満をコントロールできないことが怖くて、

 

うまく扱えるように

うまくこちらのいいようにコントロールする、蓋をする、ごまかすことが

良いことだと思っていました。

 

私は

認知症の人とコミュニケーションをうまく取れる能力がないと思っています。

 

怖いです。

 

なぜなら、

彼らは開いていて、私の思いや感情が筒抜けだからです。

 

コミュニケーションできる風を装いながら、

実は開いていないことがバレるのが怖いです。

 

私には、どうしたらいいか分かりません。

 

彼らの前で

偽らず、裸になるしかないのですか?

 

 

私の愛と助けを求める懇請として見れるのは、

聖霊あなただけです。

 

一体私に何ができるのですか?

 

これから出会っていく人たちと

どう接したらいいか分かりません。

 

誰と出会っていくのかも分かりません。

 

どう見たらいいか分かりません。

 

どうにもできません。

 

 

怖いです。

 

 

心のままになさしめたまえ。

我が天命を全うせしめたまえ。

 

 

私にはそういうしかなかったんだと

ようやく気づき始めました。

 

 

 

言葉で言い表せない

コペルティーノの聖ヨセフ

 

のり子さんから聞いたこの人の名前を

勉強会で出せなかった理由の一つは、

 

私だけのものにしておきたいと思っていたから。

 

 

神聖なものを慕う神聖な私でありたい。

 

独占したい。

 

これをもう、やめたい。

 

 

祥子ちゃんが、

7月撮影の時の話をしてくれた時に感じたものと、

 

聖ヨセフを知ったときの感じが、同じだった。

 

何かに触れて、泣く。

 

なんなのか、分からない。

 

 

それを言葉にしてみたけど、

感じたことを言い表すことができる言葉がない。

 

どの言葉を使おうが、かすりもしない。

全く触れられない。

 

どんな感情が上がっていたように見えたとしても、

何が起こっているように見えたとしても、

 

それに触れられない。

 

 

そう感じていたのに、、

 

言葉で言い表せないと思っているのに、

 

英語、英語と言って、

なぜ言葉を習得したいと思っているのだろう?

 

すぐに忘れて去ってしまうのに。

 

またやろうとするし、している。

 

 

だけどこれに触れると、

 

自分がやろうとしていたことや

今こうやって言葉にしようとするすべてが無駄に感じて、

 

ああ、、

となって、

 

心が静まり、

 

動けなくなる。

 

 

知っていると思っていたかった。

 

 

私は何に触れているのだろう?

 

 

私には何なのか、分かりません。

 

 

分からないけど、

 

触れさせてもらえて、ありがたい。

 

 

 

痛い

20日の勉強会で、

のり子さんから

 

犠牲者になりたい誘惑を超えられるか?

 

と問われて、

超えていきたい。と返事をした。

 

なのに

1週間も立たないうちの26、27日の勉強会で、

犠牲者なんだよ私は!と同一化丸出しだった。

 

20日にこれを聞いたことも、返事したことも

耳にしたけど、受け入れようとはしていなかった。

 

今日もさっき勉強会を聞き直すまで

聖霊の犠牲者なんだよ、私は!と心で言い張っていた。

 

同一化したい。

 

でももう、

 

この誘惑を

超えていきたい。